YutaKa Notebook | Python徹底図解ブログ!

Python の文法やモジュール、Python関連のAPIについて画像・ソースコード付きで徹底解説!

【解説動画あり】Python 辞書型の基本|Python超入門シリーズ【第13-14回】

辞書型はPythonのシーケンス型の一つです。

初めは、辞書型ってリストのインデックスが文字にできるだけでしょ?
と思うかもしれませんが、実はかなり奥が深いです。

今回の記事では、まず辞書型の基本的な操作を解説しています。

辞書型を使いこなして、Pythonマスターを目指しましょう!

 

動画で解説

【解説動画】辞書型のイメージ


5min. Python解説動画【入門編】|第13回:辞書型のイメージ

【解説動画】辞書型の基本操作

 


5min. Python解説動画【入門編】|第14回:辞書型の基本操作

辞書型のイメージ

まず、普段皆さんが目にする普通の国語辞書を想像してみてください。

  • りす:茶色くて小さい動物
  • りんご:赤くておいしい果物

のように、普通の辞書は「牽引:内容の説明」で構成されています。

Pythonの辞書型も同じように、「key:valueの組み合わせで構成されています。

  • key:インデックス(文字列や数字)
  • valuekeyに対応した値

となっています。

国語辞書の中に、たくさんの単語があるように、pythonでも1つの辞書型の中に複数のkeyvalueの組み合わせを格納できます。

次の例では、3つのkeyvalueの組み合わせを持った辞書型を作成しています。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5, "nationality": "Japan" }
 
#       {key1: value1, key2:value2, key3: value3}

辞書型の生成

辞書型

を生成するには、

  • {}で囲う
  • key: value の組み合わせを入力
  • , で区切って次の組み合わせを入力

というのが基本となります。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
 
print(yutaka)
# {'age': 30, 'weight': 60.5}

"age""weight"keyとしてもつyutakaという辞書型の変数が生成されました。

辞書型の要素へのアクセス

各要素にアクセスするには、

  • 変数名[key]

と入力します。

そのkeyに対応するvalueの読み込み、書き換えができます。

要素の読み込み

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
 
print(yutaka["age"])
# 30

存在しないkeyにアクセスしようとするとKeyErrorになります。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
 
print(yutaka["height"])
# KeyError: 'height'

各要素にアクセスする際は、[key]です

{key}ではないので注意しましょう!

yutaka{"age"} = 31
SyntaxError: invalid syntax

Syntax Errorになります。私だけでしょうか?よくやります。

要素の書き換え

要素を書き換えるには、

  • 変数名[key]で要素にアクセス
  • 新たな値を=で代入

します。

yutaka["age"] = 31
 
print(yutaka)
# {'age': 31, 'weight': 60.5}

ageに対応するvalueが書き変わりました。

要素の追加と削除

要素の追加と削除の方法は非常に多くの方法があります。

今回は最も基本的な方法を紹介していきます。

要素の追加

要素を追加する最も基本的な方法は、

  • 変数名[new_key] = new_value

と入力する方法です。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
yutaka["height"] = 170
 
print(yutaka)
{'age': 30, 'weight': 60.5, 'height': 170}

手順としては、既にあるkeyの値の書き換えと同じですね。

変数[key] = valueとしたとき:

  • keyが既にある⇒keyに対応するvalueの書き換え
  • keyがまだない⇒key:valueの組み合わせを追加

となります。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
yutaka["age"] = 31 #要素の書き換え
yutaka["height"] = 170 #要素の追加
 
print(yutaka)
# {'age': 31, 'weight': 60.5, 'height': 170}

要素の削除

今回はdel文での削除を紹介します。

  • del 変数名[key]

とすることで、指定したkeyvalueの組み合わせを削除できます。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
del yutaka["weight"]
 
print(yutaka)
# {'age': 30}

del文の場合でも、存在しないkeyにアクセスしようとするとKeyErrorになります。

要素の存在有無の確認

辞書型では存在しないkeyにアクセスしようとするとKeyErrorになります。

そこで、keyが辞書内に存在するか確認する方法を覚えておきましょう。

  • key in 変数名

とすることで、keyが変数内に存在するか確認できます。

yutaka = { "age":30, "weight":60.5}
print( "age" in  yutaka )
# True
 
print( "email" in  yutaka )
# False

keyが辞書内に存在するかどうかを、bool型で返してくれます。

if文の条件式としても使用できます。

おわりに

今回は辞書型の基本について紹介しました!

他にもリストやタプルの基本について、こちらの記事で紹介しています!

もちろん動画付き!

また、5min. python動画解説では、pythonの基本をショートクリップで解説しています!

流し見するだけでpythonをマスターできる動画シリーズを目指しています。

5min. python解説動画