YutaKa Notebook | Enjoy Python!

Python の文法やモジュール、Python関連のAPIについて画像・ソースコード付きで徹底解説!

Pythonスクリプトをショートカットキーで実行|まるで魔法、Pythonはどこからでも呼べる

f:id:YutaKa:20200227220530p:plain

今回はPythonで作成したスクリプトをショートカットキーに割り当て、いつでも実行できるようにする方法を紹介します。

割り当てるスクリプト次第では、魔法のように便利といっても過言ではないかも…

この方法はWindowsが対象です。

実例!いきなりGoogle検索

まずはどういった形で実行されるかをGif動画でお見せします。

下の例では、ショートカットキーを押すと、選択中のテキストをGoogle検索するスクリプトが実行されます。

f:id:YutaKa:20200225071456g:plain

この例では、次のスクリプトをショートカットに割り当てています。

ショートカットキーの練習台にぜひ使ってみてください。

batファイルのショートカットを利用

次のフローで割り当てます。

全体のフロー

①バッチファイル作成

②ショートカット作成

③ショートカットキー割り当て

①バッチファイル作成

まずメモ帳でPythonスクリプト実行用のバッチファイルを作成します。

中身は、たったの1行です

バッチファイル

"使用するpython.exeのpath" "実行したいスクリプトのpath"

スクリプトを作成した仮想環境のpythonを使います!

Note!

仮想環境がなく、インストールしているpythonが1つなら気にしなくてOK!

そのpython.exeの絶対パスをいれましょう。

さて、仮想環境のPython.exeを探すのは、PyCharmであれば簡単です。

PyCharm上でスクリプトを実行すると、Runのウィンドウに必要なpathがそのまま出力されるのでコピペします。

f:id:YutaKa:20200226213715p:plain

メモ帳にコピペして、適当な場所に"バッチファイル名".batで保存します。

拡張子を自分で変更するのを忘れずに。

②ショートカット作成

先ほど作成したバッチファイルを右クリックして、”ショートカットの作成”をクリックします。

f:id:YutaKa:20200226214225p:plain

③ショートカットキー割り当て

今作成したショートカットを右クリックして、プロパティを表示します。

ショートカットキーに、自分の指定したいショートカットを入力します。

ついでに、実行時の大きさは最小化にしておくといいです。

f:id:YutaKa:20200226214731p:plain

以上でした。想像以上に簡単ですね。

参考サイト

レッツ! コマンドライン - ChangeLog形式のメモ作成バッチファイルを作る (1) ChangeLog風のメモ作成バッチファイルを作る | マイナビニュース

おわりに

これで、自作のPythonスクリプトをショートカットに割り当てることができるようになります!

この方法では、ショートカット実行時に若干のラグを感じます。

なんとしても、ラグを減らしたいセッカチさん(私)は、タスクバーにバッチファイルをピン止めする方法がおススメです。

この方法についても、今後まとめていきます!